×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

姓名判断 日本育児研究社の「良運命名」とは?

姓名判断に日本育児研究社の「良運命名」というものがあるのですが、ご存知でしょうか?日本育児研究社が提供している「良運命名」とは、赤ちゃんの名字にあう運勢の良い名前を、姓名判断にもとづいて名づけるサービスです。そもそも姓名判断とは、中国で三千年以上も昔から研究されてきた学問です。その人の名前が持つ運勢を「天運格」・「人運格」・ 「地運格」・「外運格」・「総運格」の五運の5つの 運格から運勢を占うものです。一つ一つの運格を調べ総合的にまとめて、吉凶を判断占います。人の姓名の5つの運格は、人生に大きく影響し、運勢を暗示してくれます。 現在の姓名判断がいつ頃に作られたかは意外に知られていないようです。現在主流となっている外格、内格、総格などで占う方式ができたのはそれほど古いことではなく、明治時代です。それ以前は姓と氏と二つ分けて占っていたようです。現在の占い方の草案者は熊崎健翁と言う人で、彼が提唱した「熊崎式姓名判断」の的中率が高かったことから多くの占い師に影響を与え、様々な流派が生まれました。

姓名判断の用語

姓名判断は日本育児研究社の「良運命名」がオススメですが、姓名判断で使われる用語を説明しましょう。まず、姓の画数の総計を姓名判断では天格と呼び、先祖運を表します。人格は主運と言われ、名前の中心に当たる部分で、姓の最後と名前を足したものです。地格は名前の画数の合計で、性格・金運などを表します。総格から人格を引いたものが外格で、対人関係などの運勢をつかさどります。総格とは姓名の総画数で、運勢の基礎運とも言われ、人生を歩むにつれ、色濃くでてきて、晩年の運勢に大きく影響してくると言われています。
姓名判断にはいくつかの流派があり、流派が違えば画数の数え方も違うことがあるので、流派をひとつに絞ることが必要になります。流派によって、五格の考え方だけではなく、漢字によっては画数の数え方も異なる場合があります。どの流派の姓名判断でも吉運になるように名づけるのは至難の業ですが、日本育児研究社の良運命名は、たまごクラブ毎号掲載、22万人の名付けの実績を持っています。

姓名判断は日本育児研究社の赤ちゃんの名付け専門サービスで

姓名判断で赤ちゃんの名前を決めるなら、日本育児研究社が長年名付けに取り組んでいる、お客様ごとにオーダーメイドで作成し、冊子にしてお届けしている「良運命名」がいいと思います。日本育児研究社の「良運命名」に申し込みをすると、1.名字に合う良運名800種、2.候補名の詳しい鑑定、3.呼び名からの提案、4.漢字からの提案、5.イメージからの提案、6.命名サポート解説書、7.プレママシールが届けられます。また、アフターサービスも充実しています。姓名判断「良運命名」に申し込まれた方は、特典としてインターネットで2ケ月間、無料で候補名鑑定が何度でもできます。「良運命名」で名前を絞ったら早速鑑定してみましょう。日本育児研究社の提案に含まれていないお名前の鑑定も可能ですし、日本育児研究社から提案してもらったお名前を絞り込む際も、納得いくまでアドバイスしてくれます。名前は赤ちゃんへの最初のプレゼントになります。赤ちゃんの姓名判断は日本育児研究社の「良運命名」で素敵な名前を付けてあげましょう。

Copyright © 2007 姓名判断は日本育児研究社の良運命名で